コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

たちあがれ日本 日本創新党との連携を検討…平沼代表(毎日新聞)

 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は9日の記者会見で、地方自治体の首長経験者らが結成した日本創新党との連携について「参院選後、共同会派を作ることを視野にじっくり話し合っていく」と述べ、国会での統一会派を目指す考えを明らかにした。その前提として、夏の参院選での選挙協力にも前向きな姿勢を示した。

【関連ニュース】
日本創新党:山田党首、東京選挙区から出馬へ
参院選:「日本創新党」党首の山田氏、出馬を正式表明
日本創新党:参院選比例代表に山田党首 杉並区長を辞職へ
日本創新党:中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選
日本創新党:基本政策を発表

家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
<自殺>東京・練馬の公園で中3男子 体にあざも(毎日新聞)
菅首相 早期衆院解散を否定 参院代表質問(毎日新聞)
菅首相が所信表明演説 財政再建へ超党派会議 年金議論 消費税上げ視野(産経新聞)
国会 会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

自殺・うつ病対策の5本柱まとまる―厚労省PT(医療介護CBニュース)

 厳しい雇用情勢や生活苦などを背景に、うつ病やそれが原因とみられる自殺が増え続ける中、国として本格的な対策を講じるために今年1月、厚生労働省に設けられた「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」が5月28日、これまでの4回にわたる会合で検討してきた内容を取りまとめた。今後の同省の対策として5本柱を掲げており、同省では職場のメンタルヘルスや地域の精神保健医療の整備などに注力していく方針だ。

 プロジェクトチームがまとめた対策の5本柱は、(1)普及啓発の重点的実施(2)ゲートキーパー機能の充実と地域連携体制の構築(3)職場におけるメンタルヘルス対策・職場復帰支援の充実(4)アウトリーチ(訪問支援)の充実(5)精神保健医療改革の推進―。

 このうち(2)は、自殺原因などを調べた警察庁の統計データや、生活保護受給者や雇用保険受給者の自殺者数について同省が調べた結果の分析から、▽うつ病などの精神疾患に罹患▽休職中▽一人暮らし▽生活保護受給者―の4つのカテゴリーに分けて、それぞれの支援や相談に対応するための体制づくりを進める。
 (3)については、管理職に対するメンタルヘルス教育の促進や、職場におけるメンタルヘルス不調者の把握や対応を図ると同時に、不調者に適切に対応できる産業保健スタッフの養成を進める。

 同省ではこれら5本柱を推進していくため、地域の精神保健医療体制の構築と職場におけるメンタルヘルス対策について協議する2つの検討チームを31日に新たに設置する。


【関連記事】
うつ病が回復しない原因、「自分の性格」と考える患者が7割超
自死遺族からのヒアリングなど求め陳情書
医療分野の素案明らかに-民主党参院選マニフェスト
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割-看護師意識調査
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン

<オランウータン>21年ぶりの赤ちゃん誕生 札幌・円山動物園(毎日新聞)
<ニホンザル>北限ですくすく 下北半島(毎日新聞)
不正請求で訪問介護事業所など指定取り消し―徳島の2社(医療介護CBニュース)
<承諾殺人>看病中の妻絞殺 懲役4年求刑…津地裁(毎日新聞)
講談社の電子写真集を配信停止=米アップル(時事通信)
コンテントヘッダー

株取引から暴力団排除 警察庁、日証協にデータ提供(産経新聞)

 株取引から暴力団などの反社会勢力を排除するため、日本証券業協会(日証協)が新設するデータベースに、警察庁が蓄積した暴力団構成員のデータを提供することで、日証協と警察庁が合意したことが26日、分かった。警察が捜査などで収集した暴力団情報を一括して特定の業界団体に提供するのは初めて。

 近年、資金源を多様化させている暴力団は、証券取引にも深く浸透し、大きな利益を得ている実態がある。警察庁は、証券取引からの徹底排除には正確なデータを大量に提供することが不可欠と判断した。

 日証協が新設するシステムは、全国の証券会社約300社で構成。早ければ来年度から運用をスタートさせる。新規の取引申し込みがあった場合、証券会社側は取引顧客の氏名、生年月日などを元に、日証協のサーバーを経由して、暴力団情報が蓄積された新設の専用サーバーにアクセスし、回答を得る仕組みだ。

 警察庁側は、都道府県警が捜査や監視活動で収集し、分析・整理した暴力団に関するデータのうち、約3万8千人分の暴力団構成員情報について、新たに設置する専用サーバーに提供する。

 これまでは、証券業界から警察への暴力団情報の照会は個別ケースごとに相談に応じる形で行われてきており、回答までに数日から数週間の時間がかかっていた。システム完成後は、大量で正確な情報が瞬時に回答される。 

福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議 (産経新聞)
国道の側溝に男性切断遺体 新潟・村上(産経新聞)
<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
クリントン氏「北の挑発に報い」=普天間、5月決着へ努力―日米外相が会談(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>ハンセン病療養所、24日午後に訪問(毎日新聞)
コンテントヘッダー

「官僚答弁だ」患者落胆 厚労相、B型肝炎原告団と面会(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして患者らが全国10地裁で国を訴えている集団訴訟で、長妻昭厚生労働相は18日、東京都内で原告団と初めて公式に面会した。原告団は原告全員の救済や早期解決を要望、裁判所外での直接協議を求める要請書を手渡したが、長妻厚労相は「裁判所を仲介として誠実に対応していきたい」と従来の見解を述べるにとどまった。

 面会は3月12日の札幌地裁の和解勧告以降、原告団が再三要求していたもので、この日は全国から原告団・弁護団約40人が出席。全国原告団代表の谷口三枝子さん(60)は「国は一日も早く被害者を救済しようという姿勢が見られない。大臣が言う『責任ある回答』を早く聞きたい」と述べ「一日も早く国の謝罪の言葉を聞き、原告全員が救済されることを願っている」と涙ながらに訴えた。

 長妻厚労相は「皆様から聞いた話を首相や閣僚に報告し、内閣で共有していきたい」と返答。その後面会は非公開となったが、原告団によると、長妻厚労相からは原告団の要求に対する回答はなく、謝罪やいたわりの言葉もなかったという。出席者からは「まるで官僚の答弁だった」などと落胆や憤りの声が漏れた。

 長妻厚労相は面会後、「重大な問題として理解しているので、誠実に協議に臨んでいくと原告団に申し上げた」と述べる一方、「(原告団は)一刻も早い解決を望んでいるので、私の発言には納得していなかったと思う」とも話した。

【関連記事】
「気持ちや要望伺いたい」長妻厚労相、今夜B型肝炎原告団と面会へ
B型肝炎訴訟、福岡地裁も和解協議入り 国、具体案示さず
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解
B型肝炎訴訟 「長男成人するまで生きられるか」救済策一刻も早く
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」
中国が優等生路線に?

<強盗>パチンコ店から3人組360万円奪い逃走 千葉(毎日新聞)
<傷害容疑>1歳長女に熱湯 23歳母親逮捕 大阪(毎日新聞)
北教組事件で初公判 元経理担当「間違いない」(産経新聞)
<民主党>沖縄の参院選統一候補断念…「普天間県内」が影響(毎日新聞)
小沢幹事長、政倫審出席の意向表明(読売新聞)
コンテントヘッダー

水上バイク事故 3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)

 千葉県警香取署などに入った連絡によると、5日午後1時15分ごろ、茨城県神栖市太田の常陸川大橋近くの利根川で水上バイクに乗っていた4人が事故に遭った。3人は心肺停止状態で、茨城県内の病院に搬送された。女性1人の行方が分からなくなっており、同署は捜索を続けている。現場は千葉県と茨城県の県境。

アナリストに聞く製薬業界の動向(上)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
<山岳遭難>63歳男性戻らず 奈良・大峰山系に1日入山(毎日新聞)
福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も-気象庁(時事通信)
「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
<レコード検定>復活狙い 国内唯一のメーカーが実施(毎日新聞)
プロフィール

ミスターやすひこきくち

Author:ミスターやすひこきくち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。